Products 製品情報

ゲート型・ボックス型RFIDリーダー

狙ったものだけを確実に検知!出荷検品作業の負担をRFIDで改善

特長

ゲートやボックス内にあるものだけを、瞬時に一括で読み取ることが可能なリーダーです。 外部への電波漏れを抑制し、周囲に置かれた製品のRFIDタグを誤読しにくい設計のため、作業スペースが限定されている場合や、複数台のリーダーで作業を行う場合にも運用が容易です。
バーコードや目視による検品のように、1点ずつ確認する必要がなくなるため、検品作業の精度向上と大幅な作業効率化を実現します。

利用イメージ

製造・医療・物流・流通など幅広い業種のさまざまなシーンでご利用いただく事が可能です。例えば、大規模な物流センターでは、保管や出荷待ちの製品が周囲にたくさんある中で、作業性やスピードと読み取りの正確性が求められます。「ゲート型RFIDリーダー」は電波が漏れにくいトンネル形状のため、中を通すだけで簡単に読み取れる上に、読み取りの精度も確保することが可能です。 また、作業エリアが限られている場合には、コンパクトな「ボックス型RFIDリーダー」がお勧めです。「ボックス型RFIDリーダー」の扉を閉めた状態で、中の物だけを読み取れば、周囲の保管製品を誤読する心配もなく、安心して運用いただけます。 受け入れ検査・出荷検査・ピッキング品の検品などに、「ゲート型・ボックス型RFIDリーダー」をぜひご活用ください。

利用イメージ 製造:部品の受入/出荷検査、ピッキング品の検品、医療:医薬品の受入/出荷検査、アパレル:商品の受入/出荷検査、全業種:重要文書の一括読み取り

製品仕様

品名
ゲート型RFIDリーダー
ボックス型RFIDリーダー
型式
RAT3031-1A
TERI01-01
外形寸法
730(W)×1,010(D)×625(H)m ※1
650(W)×490(D)×490(H)mm
内形寸法
503(W)×1,010(D)×488(H)mm
610(W)×450(D)×407(H)mm
重量
約43kg
約26.5kg
R/W
IMPINJ製 型番:IPJ-REV-R420-JP2
IMPINJ製 型番:IPJ-R700-441 R700 JP
アンテナ数
3
3
電波法
920MHz帯RFID構内無線局用無線設備
920MHz帯RFID構内無線局用無線設備
入力電源
AC100V ~ 240V、50/60Hz
PoE(802.3af)
使用温度範囲
-20℃~+50℃
-20℃~+50℃
使用湿度範囲
5% ~ 95%(結露無きこと)
5% ~ 95%(結露無きこと)
保存温度範囲
-20℃~+50℃
-20℃~+50℃
保存湿度範囲
5% ~ 95%(結露無きこと)
5% ~ 95%(結露無きこと)
耐荷重(天面)
5kg以下 ※2
10kg以下 ※3
耐荷重(内部)
5kg / 100cm2
10kg
RoHS
RoHS規制10物質対応
RoHS規制10物質対応
搬送機構
帯電防止フラットスライダー
無し(側面扉1カ所有り)
その他
※1 スロープ込みの寸法は730(W)×1270(D)×625(H)mmです。スロープの長さは片側130mm(両側で260mm)です。
※2 天面にノートPCが置ける程度の耐荷重を有しています。
※本製品はマスプロ電工株式会社との共同開発品です。
※3 天面にノートPCが置ける程度の耐荷重を有しています。
※底面にRW/インジェクターを配していますので、同梱のアジャスターを使用してください。

※本製品の仕様および外観は予告無く変更することがございます。あらかじめご了承ください。
※記載された製品名などは、各社の登録商標あるいは商標です。